【ドーハ共同】陸上のアジア選手権最終日は24日、ドーハで行われ、男子走り幅跳びで20歳の橋岡優輝(日大)が日本歴代2位で今季世界最高に並ぶ8メートル22を跳んで優勝した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ