【ドーハ共同】陸上のアジア選手権第2日は22日、ドーハで行われ、男子100mで桐生祥秀が追い風1・5mの決勝を10秒10で制した。日本人ではこの種目初優勝で、今大会初の金メダル。準決勝を10秒18で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ