高校駅伝の強豪校などで、貧血治療用の鉄剤注射を競技力向上のために取り入れる行為が続いている懸念があるとして、日本陸上競技連盟の尾県貢専務理事は9日、対策を強化する方針を明らかにした。これまでも控える...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ