東日本実業団対抗駅伝は3日、埼玉県庁前から熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間、76・9キロで行われ、富士通が3時間44分9秒で19年ぶり2度目の優勝を果たした。カネボウが2位、SUBARUが...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ