18日に49歳で死去した陸上女子1万メートルの元日本記録保持者で、1996年アトランタ五輪マラソン代表の真木(現姓山岡)和さんをワコールで長年指導した藤田信之氏(78)が24日、取材に応じ「自分にと...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 陸上TOPへ