テニスの不正監視団体、TIUは25日、男子のジョアン・ソウザ(ブラジル)が2015~19年の間に複数の八百長に関与したとして永久失格処分と罰金20万ドル(約2180万円)を科したと発表した。ソウザは...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テニスTOPへ