日本テニス協会は5日、東京五輪での暑熱対策としてプレー中の選手について体の奥の「深部体温」や心拍数などデータを集めるテストを三重県四日市市で始めた。気温30度を超えた中、シャーベット状に凍らせたドリ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テニスTOPへ