【ロサンゼルス共同】テニス女子で四大大会通算23度の優勝を誇る米国のセリーナ・ウィリアムズ選手(37)が、昨年9月の全米オープン女子シングルスで優勝した対戦相手の大坂なおみ選手(21)に対し、判定を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テニスTOPへ