【ジュネーブ共同】男子テニスのツアーを統括するATPが、ポイント間で次のサーブを打つまでの制限時間を25秒とする「ショットクロック」を2020年から全大会で導入する。ロイター通信が14日までに報じた...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テニスTOPへ