テニスの三菱全日本選手権最終日は4日、大阪市のITC靱TCで行われ、男子シングルス決勝は第1シードで30歳の伊藤竜馬(北日本物産)が第2シードの徳田廉大(フリー)を6―3、6―0で下し、5年ぶり2度...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) テニスTOPへ