日本卓球協会は6日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で来年1月の全日本選手権の予選が行えない可能性があるため、推薦出場枠を増やすことを決めた。本大会の開催可否は150日前となる8月...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ