スポーツ庁は12日、競泳男子の瀬戸大也や卓球男子の水谷隼らアスリート4人が13日に萩生田光一文部科学相、スポーツ庁の鈴木大地長官と電話会議を行い、緊急事態宣言による活動の影響について意見交換すると発...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ