卓球の男子ワールドカップ(W杯)は1日、中国の成都で行われ、張本智和(木下グループ)がシングルス準決勝で、リオデジャネイロ五輪覇者で世界選手権3連覇の馬竜(中国)を4―2で破ったが、決勝は世界ランキ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ