【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に訴えながら受け入れられなかった問題で、日本協会が藤...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ