【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、日本勢が敗退した男子シングルスで安宰賢(韓国)とマティアス・ファルク(スウェーデン)が4強入りして銅メダル以上を決めた。2...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ