卓球の全日本選手権最終日は20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、シングルスの男子決勝で水谷隼(木下グループ)が初めて決勝に進出した大島祐哉(同)を4―2で下し、自らの最多記録を更新する...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 卓球TOPへ