飛び込みの東京五輪最終予選を兼ねるワールドカップ(W杯=4月・東京)の代表選考会最終日は9日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは13歳の玉井陸斗が458・05点で1位となり、2位の西田玲雄...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ