日本水連は24日、職員へハラスメント行為をしたとして、指導者養成事業を担当する設楽義信常務理事(60)を理事に降格する処分を発表した。同氏は水連の全ての役職を辞任する辞表を提出している。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ