【ジュネーブ共同】競泳男子の五輪金メダリストでドーピング検査妨害の疑いがある孫楊(中国)が15日、スイスのモントルーでスポーツ仲裁裁判所(CAS)の公聴会に出席して不正行為を否定した。公聴会は10時...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ