25mプールで争う競泳の日本短水路選手権最終日は27日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200m個人メドレーは萩野公介が1分52秒89で優勝した。瀬戸大也は左膝痛のため、棄権した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ