日本水連は26日、東京都内のホテルで7月の世界選手権の報告会を開き、競泳日本代表の平井伯昌ヘッドコーチ(HC)は東京五輪に向け、金、銀、銅のメダルを二つずつ計6個のメダルを獲得した世界選手権の「倍近...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ