日本水泳連盟の競泳委員会が13日、東京都内で開かれ、池江璃花子選手(ルネサンス)の白血病との診断について平井伯昌委員長は会議後に「一致団結していこう、という話をした。まずは回復を祈るばかり」と語った...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ