国際水泳連盟のドーピングパネルが競泳男子の古賀淳也選手(31)=第一三共=に4年間の資格停止処分を科す方針を固めたことについて、古賀選手側が処分を不服としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する意向...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 水泳TOPへ