日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)は定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施することを決めた。新型コロナウイ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ