日本相撲協会は13日、大相撲秋場所を初日から休場した関取の診断書を公表し、横綱白鵬は9日付で「右膝蓋大腿靱帯損傷、関節内巨細胞腫で約3週間のリハビリテーション加療を要する見込み」との内容だった。8月...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ