大相撲7月場所を右膝負傷で途中休場した横綱白鵬について、本格的な稽古再開の見通しが立っていないことが1日、関係者の話で分かった。治療を最優先にしており、8月には内視鏡による手術を受けたという。調整が...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ