大相撲7月場所千秋楽の2日、十両は10勝5敗で並んだ6人による優勝決定戦を明生(鹿児島県出身)が制した。初戦を勝った3人によるともえ戦で同じ立浪部屋の豊昇龍(モンゴル出身)、天空海(茨城県)を連破し...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ