4カ月ぶりに開催された7月場所では、日本相撲協会独自の新型コロナウイルス感染防止策が施された。花道奥には力士の立ち位置を決めるテープを床に貼り、個々の距離を確保。3密(密閉、密集、密接)を避けるため...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ