大相撲で4カ月ぶりの本場所となる7月場所の初日を翌日に控えた18日、東京都墨田区の両国国技館で土俵祭りが営まれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や審判部の親方衆、行司らが15日間の安全を祈願...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ