日本相撲協会は15日、大相撲の元関脇で西十両2枚目の栃煌山(33)=本名影山雄一郎、高知県出身、春日野部屋=の現役引退と年寄「清見潟」の襲名を発表した。今後は部屋付きの親方として後進の指導に当たる。...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ