平幕の炎鵬が10日、報道陣の電話取材に応じ、7月場所へ好感触を口にした。この日は東京都墨田区の宮城野部屋で稽古し、横綱白鵬の胸を2日連続で借りた。新型コロナウイルスの影響で出稽古自粛の状況だけに「す...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ