日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査で、力士や親方ら協会員約900人のうち5人に抗体が見つかったと発表した。報道陣の電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は現時点で...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ