アマチュア相撲を統括する日本相撲連盟は16日、新型コロナウイルス感染防止のガイドラインを発表し、稽古再開の初期段階ではマスク着用での四股やぶつかり稽古が推奨された。  ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ