日本相撲協会は18日、力士や親方ら900人余りの協会員を対象とし、新型コロナウイルスの感染歴などを調べる抗体検査を開始したと発表した。本場所再開への対策に活用するため。この日は2部屋に所属する43人...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ