大相撲の横綱白鵬が20日、報道陣の電話取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、接触を伴うぶつかり稽古などが禁止された現状について「できない分、いかに大事(な稽古)かということを改めて感じる...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ