日本相撲協会は17日、大相撲春場所を発熱のため休場している西前頭15枚目の千代丸(28)=本名木下一樹、鹿児島県出身、九重部屋=が、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の結果、陰性だったと発表...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ