大相撲初場所千秋楽の26日、序二段は元幕内で右膝の大けがにより番付を落としている宇良(大阪府出身、木瀬部屋)が7戦全勝で並んだ旭勇幸(神奈川県出身、中川部屋)との優勝決定戦を制して、優勝した。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ