日本相撲協会で取組編成を担う審判部の錦戸副部長(元関脇水戸泉)は初場所13日目の24日、1敗でトップの平幕徳勝龍と2敗の大関貴景勝を千秋楽(26日)結びの一番で対戦させる可能性を示唆した。首位で並ぶ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ