大相撲の白鵬、鶴竜の両横綱が7日、東京・明治神宮で新春恒例の奉納土俵入りを行った。雨のため、通常の参拝客が入場できない社殿内での珍しい土俵入りとなったが、初詣に集まった人たちは遠巻きに一つ一つの所作...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ