日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は25日、東京・両国国技館で定例会合を開き、大相撲九州場所で43度目の優勝を果たした横綱白鵬を評価する一方で、肘付近をぶつけるようなかち上げや張り手に苦...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ