日本相撲協会は大相撲九州場所9日目の18日、8日目の取組直前に腰痛で急きょ休場した西大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=について「急性腰痛症で約1週間の治療を要する見込み」との診...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ