日本相撲協会は24日、東京都内で評議員会を開き、暴力問題の再発防止に努めることを再確認した。会合では付け人力士に暴力を振るった十両貴ノ富士に自主引退を促す(11日に引退届受理)などの理事会の決議事項...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ