大相撲の東横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が秋場所8日目の15日、日本相撲協会に「左膝内側側副靱帯損傷疑いで約2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ