初のかど番となる名古屋場所への出場に向け、右膝の状態を確認しながら調整している大関貴景勝は28日、二所ノ関一門の連合稽古には参加せず、名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で体を動かした。「膝の状態は上がってき...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ