日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、土俵との距離に応じて席種をより細分化するなど、大相撲の入場料を改定すると発表した。新料金は7月の名古屋場所後に発表し、来年5月の夏場所から適...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ