右膝の負傷で、大相撲夏場所9日目に異例となる同場所2度目の休場をした新大関貴景勝の師匠、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は20日、混乱を招いたなどとして、東京都墨田区の両国国技館で日本相撲協会の八角理事...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ