大相撲の新大関の貴景勝が30日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で記者会見し、番付表にある自らのしこ名を指さし「新たな番付発表を迎えて身が引き締まる思い。十両、幕内に上がった時とは違う喜びがある」と心境を...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ