大相撲の春巡業は29日、水戸市で行われ、25日間の日程が終了した。新大関として臨んだ22歳の貴景勝は四股などの基本運動を中心に稽古をこなして長丁場を終えた。押し相撲が魅力の若武者は夏場所(5月12日...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ