大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)は22日、自身の特別展開始を翌日に控え、会場となる東京・両国国技館内の相撲博物館で内覧した。1月の初場所で引退した同親方は、化粧まわしや締め込みなど約80点の展示品...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ