大相撲の春巡業が1日、奈良県五條市で行われ、夏場所(5月12日初日・両国国技館)に向けた関取衆の本格的な稽古が始まった。新大関に昇進した貴景勝は申し合いには参加せず、四股を踏むなど下半身強化に励み「...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 相撲TOPへ